swelog ここだけのスウェーデンのニュース

日本では概要程度しか報道されないスウェーデンのニュースについてのコメントや、他では読めない小粒だけど気になるニュースを毎日伝えています

2021年1月22日、今のスウェーデンのコロナ対策状況

f:id:hiromi_blomberg:20210122150022j:plain

昨日の木曜日、ロベーン首相を始めとした政府閣僚が朝の8時から(!)開いた記者会見で、コロナ対策に関するいくつかの変更が発表された。同日、公衆衛生庁は依然厳しい状況は続くが、ほんの少しだけ好転してきたようだと話している。

主な変更点と引き続き注意喚起の必要な継続対策を、SVTがリストにまとめていたので紹介します。

  • 飲食店での午後8時以降のアルコールの提供禁止はこの先も2週間延長

  • コミューンや地方自治体の機関で、開館しておく緊急性や必要のない施設の閉館措置は2月7日まで延長。ただし2005年以降生まれの子どもたちへ課外活動に関するものは除く。この年齢の子どもたちは屋外、屋内を問わず活動的になることで心身をよい状態で保てると考えられているので、屋外に限らず、屋内の運動競技や文化活動に関わるものも含めて状況をみながら再開することが望ましい

  • 混雑時の公共交通機関でのマスク着用はこの春いっぱい実施する

  • 高校のリモート学習は4月1日まで継続するが、感染状況に好変化がでてくればリモート学習と対面授業を組み合わせてもよいとする。その場合の判断は各地方自治体の感染症対策の責任者が各学校の責任者と話し合って決めるものとする

  • リモートワークに関しても可能な人には引き続き推奨され、また国家行政機関の公務員のリモートワークの要請に関しても2月7日まで延長

  • 労働環境庁は、感染のリスクが高いなど危険な状況で働かなくてはいけない職場で、雇用主が規制や要請を守っているかに関する現場での監査を実施していくことを決定した。

そして、この先は状況に劇的な変化が起こらない限りは、現行の対策の見直しは2週間ごとに発表されることも伝えられた。このまま感染拡大状況がほんの少しだが降下傾向になってきた流れが継続することを祈るばかり。

そして、始まったばかりと思った新年も気がつけば1月も、もうすっかり下旬。来週の1月26日の火曜日には、日本時間の夜8時から北欧トラベルのオンラインTAUKOでのお話させていただきます。

この日はコロナ対策とマイナンバー、それにスマホ脳の話を中心にそえた内容です。ご興味のある方、ご都合の会う方はぜひご参加いただければ嬉しいです。お申し込みは下記のリンクからどうぞ。よろしくお願いいたします😊

オンラインTAUKO Vol.8 スウェーデンの三百六十五歩のマーチ~swelogのニュースから~ | Peatix

ではHave a nice weekend!

政府からの新しいコロナ関連対策一覧

© Hiromi Blomberg 2021