swelog ここだけのスウェーデンのニュース

日本では概要程度しか報道されないスウェーデンのニュースについてのコメントや、他では読めない小粒だけど気になるニュースを毎日伝えています

どこまでも続くコロナ記者会見

f:id:hiromi_blomberg:20210521123246j:plain

先週末まで約5週間ほど日本にいた際には、スウェーデンのニュースはサイトで読むかそこにあげられている短いニュースクリップを見る程度。ましてや以前はちょくちょく見ていたコロナ関係省庁が共同で行っている定例記者会見などはまったく見ていなかった。

そんな中でも、今は週に2回開催されているこの定例記者会見について「記者会見をやめるつもりはない」という公衆衛生庁の発表がニュースになったいたのを目にして、それはいいな、と思っていた。

今は毎週火曜日と木曜日の14時から行われている会見は、いまでも毎回20名から25名程度のジャーナリストが参加し、同時に公共放送のストリーミングチャンネルや他のメディアの持っているYoutubeも含めたチャネルでライブ放送されている。昨年の2月26日に始まり、最も視聴者が多かった昨年4月21日のピーク時には全国で63万人が視聴したそうで、現在でも数万人がライブ中継を視聴している。

もちろんこの記者会見からの重要な発言内容は、さらに短いニュースクリップや引用発言として切り取られ、様々なニュースメディアで使用される。

昨日の記者会見では、あいかわらずの調子(どんな調子だ?😊 )のテグネルが、「感染拡大状況は想定していたどんなシナリオよりも早いスピードで減少方向に向かっている」と説明していた。

同時に、まだまだ感染は高いレベルで推移しているので、気を抜くとまた拡大する可能性がある、とも。確かに久しぶりにみたスウェーデンの感染者数推移のグラフは結構劇的なことになっている。が、きっとこのままヒューッとなくなった!みたいなことには絶対ならないだろう。

はー、それにしても私の頭の中は、日本での最後の日に一度だけ行った近くのコーヒーショップでいただいたおいしいコーヒーとプリンのことでいっぱい。次回、私はいつ日本に行ける、いや、行くのだろうか?

記者会見をやめる予定はない「関心がなくなるようなら対応します」(SVT)

感染拡大の減少についてテグネル、コメント・思っていたよりも進み方が早いようだ(SVT)

© Hiromi Blomberg 2021