swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

スウェーデンでお酢がどんどん売れるわけ

f:id:hiromi_blomberg:20200712144115j:plain


スウェーデンではコロナの影響で家でお寿司を作る人が増え、3月のお酢の売上は前年比で4割増し……、というわけではなくて、お酢の売上が伸びている理由はおそらく別のところにある。

今この国でお酢や重曹の売上が伸びている背後にあるのはおそらく、今スウェーデンで人気爆発中の「エコな知恵」のインスタグラム・アカウント『Ekotipset』。

 Ekotipsetがすすめるミラクルな「窓拭き用配合」で、驚くほどいろんなものがきれいになるが、そのミラクル配合に必要なのがこちらではÄttika、一般的にはホワイトビネガーと呼ばれているお酢の一種だ。

(Ättikaって結局なんなの?、と思われた方はこちらへ?What exactly is ättika? What does it do and how does it do it? - Quora

スウェーデンでもおばあちゃんの知恵ならぬ、寮母の教えとして、お酢を使ったお掃除方法は昔からある。それをわかりやすい「ミラクル配合」(24%のホワイトビネガー1dl、水4dlで混ぜてそこにエコな食器用洗剤を5滴)を作り、それを大きなスプレーでワシャワシャと振りかけ、とれないと思っていた汚れがどんどんきれいになっていく様をインスタグラムで見せたところにEkotipsetの人気がある。

エリノール・シレーンさんが5年前に始めたこのアカウントは、当初はエコな食品の安売り情報などをシェアしていたが「窓掃除用の安心・安全ですごい効果のエコ配合」を紹介したところ、その「ミラクル配合」を窓以外の様々なものに試したフォロワーがその成果をまた投稿し、それをみた他の人がまたこのエコなお掃除方法にハマっていく形で広がり、今やEkotipsetのフォロワー数は30万人。

フォロワーが爆発的に増え始めた今年の3月、スーパーチェーンのHemköpではホワイトビネガーの売上は前年比で40%増え、6月も39%増となっている。Ekotipsetでは日本でも人気の重曹を使ったお掃除方法も繰り返しすすめており、重曹の売上も3月以降、前年比50%増で売上が伸びている。

Ekotipsetは私もしばらく前からフォローしていて、へえーこんな汚れもミラクル配合で! と試したくなるようなアイディアがいっぱい。つい最近も角砂糖で鍋をきれいにする方法を紹介していて、角砂糖買うかな?、とちょうど考えていた最中だった。

少し前のEkotipsetの投稿には、エコなスキンケアとメイクアップ製品を紹介した人気の投稿もあるので、気になった人はぜひ探してみてください。スウェーデンで買えるエココスメブランドがたくさん紹介されています。

昔ながらの知恵でスウェーデン中が大掃除

【追記8月2日】最近のEkotipsetのインスタ投稿より。今スウェーデン中のスーパーの店頭がこんな事になっているようです!