swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方など、スウェーデンのニュースから毎日ひとつ選んで紹介しています

未来の国境

スウェーデンンの南部とデンマークが、人気のドラマシリーズ『ブリッジ』でも有名なエーレスンド大橋で結ばれ、両国間の行き来に国境をまったく感じなくなったのは2000年。

その後、2015年に主にシリアからなどの多くの難民がやってきた時に、スウェーデンの国境警察によるパスポートコントロールが開始された。

この年スウェーデンは16万3000人の難民を受け入れている。スウェーデンへやってくる難民の数は去年は2万1500人まで減ったが、今も紛れて入国しようとするテロリストなどの脅威は減っていないということで、この国境コントロールはこの先も6ヶ月は続く見込み。

ヨーロッパ内で自由に行き来する仕組みを制定したシェンゲン協定。

協定に加盟しているが、スウェーデンと同様、現在国境のパスポートコントロールを現在も実施しているのは、オーストリア、ドイツ、デンマークとノルウェー。

パスポートチェックがなかった時のあの開放感というか、自由さはちょっと未来的だったけど、その先にこういう未来があったとは。

国境警備さらに6ヶ月の延長が本日決定