swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

休みのことだけ考えて生きていく

今年は日本でも9連休の長いお盆休みだった人が多いのでは? でもそんなお休みも今日で終わり。スウェーデンでも来週からは学校の新学期も始まり、まだすこし夏休みの名残が残っていた空気もガラッと変わっていきそうだ。

しかし仕事だけの毎日なんてつらすぎる。そんなふうに思う人が多いのか、今日のニュースで取り上げられているのは「クリスマス休暇を最大にする方法」! はやくも次の大型休暇である年末年始の休暇の効果的な休みのとり方についての記事だ。

年末から来年にかけての暦では有給を少し使うだけでながーい休暇にすることができる。各企業の休暇の方針にもよるが、2日から5日の有給を使うだけで17日連続の休暇を取ることも可能。6日から9日の有給を使うことができる人は連続23日の超大型休暇にすることもできる。

行政としても雇用主としてもこれからどんどん暗く、寒くなるなかでみんながストレスをためながら働いてもらうよりは、次の休暇を楽しみにしながらこの季節を乗り切ってもらう方が病欠も減り、職場の雰囲気もよくなるはず。

12月21日まではほんの4ヶ月あまり。みんな12月21日(土)を目指してがんばって! 

12月21日(土)

12月22日(日)

12月23日(月)休日の狭間(会社が休みの方針もしくは自分で有給休暇使用?)(

12月24日(祝)クリスマス・イブ

12月25日(祝)クリスマス

12月26日(祝)ボクシング・デー

12月27日(金)休日の狭間

12月28日(土)

12月29日(日)

12月30日(月)休日の狭間

12月31日(祝)大晦日

1月1日(祝)元旦

1月2日(木)有給?

1月3日(金)有給?

1月4日(土)

1月5日(日)

1月6日(祝)

1月7日(火)有給?

1月8日(水)有給?

1月9日(木)有給?

1月10日(金)有給?

1月11日(土)

1月12日(日)

クリスマス、年末年始休暇を最大にする方法はこれだ