swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

旅先から戻れない

先日、日本から姉夫婦がこちらに遊びにきてくれていたのだが、彼女たちがコペンハーゲンのカストロップ空港に到着する前日に、新型コロナウイルスで空港が一時閉鎖される騒ぎが起きた。

この時は結局ウイルスは検出されず空港閉鎖はすぐ解除され、姉夫婦はストックホルム、アビスコ、ヘルシンキをめぐる楽しい旅の後、日本に帰っていった。

帰りの飛行機も無事関空に到着したと連絡をもらったのと同じ頃、人気のリゾート地であるカナリア諸島で発生した強い砂嵐で飛行機が止まり、多くの人がスウェーデンに戻れなくなった。

運行停止に際しSASなどの航空会社からの情報が十分でなく、多くの人が飛行の再開を待つ間の食事や宿泊に関する十分な情報を得ることができず、不安で長い時間を空港で過ごすことになった。

現在運行は通常化しつつあるが、そんなカナリア諸島で、初めての新型コロナウイルス患者も確認され、混雑した空港で何時間も過ごした人たちの疲れと不安のレベルはかなり高いと思われる。

旅にはリスクがつきものだけど、新型ウイルスや、激しくなりつつある自然災害など、リスクのあり方が少し変質してきているように思うのは私だけだろうか?

スウェーデンの旅行者がカナリア諸島から帰途へも戻り始める

テネリフェ島の旅行者が新型コロナウイルスに感染