swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

日本人はなぜリコリスが苦手か?

f:id:hiromi_blomberg:20201012132046j:plain

日本へのおみやげにリコリスを買っていって、友人たちに目の前でリコリスを吐き出された経験のある人はいないだろうか? (はーい、私も)

北欧の人たちが大好きなリコリス。私も最近でこそ種類によっては少し食べれるようになったが、なんでこんなもの好んで食べるのか全く理解できなかった。慣れの問題かなー? と思っていたが、それには遺伝子も関係しているだろうなんて、こちらの記事を読むまで知らなかった。

この記事は、シュールストロミング(あの発酵ニシンの臭い缶詰です)の臭いを、キャラメルの香りのように感じる人がいることを明らかにしたアイスランドの研究について述べている。

シュールストロミングの香りをキャラメルやじゃがいもの香りと表現した人は、TAA5と呼ばれる遺伝子を持っていることがわかり、その人たちの割合はアイスランドでは4.4%、スウェーデンでは3.4%なのに対し、例えば南ヨーロッパでは1.6%、アフリカでは1.4%と差がある。

そしてリコリスに関しては、こちらはOR6C70という遺伝子を持つ人はリコリスの臭いを強烈に感じるそうで、これは東アジアの人たちの間ではかなり普通にみられる遺伝子だという。

しかし、この研究者は普通にシュールストロミングの臭いがわかるタイプだそうで、なぜその研究をすることになったのか聞いてみたいような気もする。とても勇気がいると思うのですが?

遺伝子でシュールストロミングがキャラメルの香りに