swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

スマートウォッチとのつきあい方

活動量計使ってますか?

私は一度、アップルウォッチを買いかけて「買ったらずっとこれと暮らすわけか」と思い直してやめた経緯があります。

今、自分なりのルールをつくってこれまでのデジタルデバイスとの付き合い方を変えようと思っている最中なので、運動になれていなかったダーゲンス・ニュヘテルの記者がスマートウォッチを入手して、思いがけずよい数値に喜んでいたのに、実は?という話を興味深く読みました。

子供と公園で遊んでいるだけで心拍数が上がっているのに気がついたり、7時間も睡眠が取れていた日があったり、知らないうちに1万歩歩いていた日があったり、ポジティブな数値がでていないか一日に何度も確認して、喜んでいた彼女。

ある時、ジムでスピニングをした際にスピニングマシーンの心拍計と自分のスマートウォッチの数値がまったく異なっていることに気がつきます。

走ることが好きで、自分の息遣いを聞きたいのでジョギングの時も音楽もきかない自分の夫に相談したところ、「それで自分はどう感じたの?そのトレーニングしてる時?」と問いただされたというところで話は終わってました。

彼女は、活動量計の数値がいいという根拠で気持ちが上がったり下がったりしていたわけですが、運動することだけでちゃんと気分は変化しますからね。

なんだかんだいってまだ活動量計のことが気になっている私ですが、さて、どうしようかな?

心拍数計に操られるんじゃないって夫はいうけど、私はそうは思わない