swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

実感する不動産バブル

f:id:hiromi_blomberg:20210304133745j:plain

昨日はちょっと普通じゃないことが2つ起こったのでそれについて書きます。

ひとつ目は、夜8時から自然動物番組を地上波でみていたら、突然番組が中断され殺人未遂からテロに指定が変更されたヴェートランダ(Vetlanda)の痛ましい事件についての警察の記者会見の放送が始まったこと。

昨日の午後、斧をもった犯人がヴェートランダの中心を通行していた7人に襲いかかり、そのうち3名は生命に関わる重症を負い病院で手当を受けているという事件だ。

SVTは他にもチャンネルを持っているし、最近、記者会見はストリーミング放送のSVT Palyで放映されることも多いので、こういう形で番組が中断されることはめったにない。しかもテレビ放送なのに記者会見は音声だけで、それがかえってこの事件が尋常でないことを伝えてくる。私が寝ているうちにこのテロ事件は、BBCなど世界の多くの報道機関でも取り上げられたということをSVTがまとめていた。(追記3月5日・その後この事件はテロではなくて殺人未遂事件とされた。また凶器は斧ではなくて今はナイフと記述されているようだ)

もうひとつの方はショックの種類がまったく違うが、不動産バブルはここまで来ているのか、ということを肌で感じたことだ。

数年前に、漠然と将来に関する不安を感じているなと自分の状態を把握した時に『老後のお金』という本のことを知った。この本の中は自分の経済状況を把握しておけば不安は減るといい、その具体的なやり方を説明している。不動産を持っている人ならその不動産の市場価格を定期的に確認しておくことを勧めている。

そして、スウェーデンには登録しておけば、不動産の「時価」をメールでお知らせしてくれるBooliというサービスがある。最近不動産がバブル気味だ、スウェーデン人の住宅ローンが危険なレベルまで増えすぎているというニュースを目にしてちょっと気にはなっていたが、昨日Booliが教えてくれたのは、うちの古民パ(中途半端に古い(築65年)アパート)の価格が高騰していたこと。

数年前に引っ越してきたうちのお隣さんが、少し前なら考えられない価格でつい先日アパートを売却したことがわかる。(どの家がいくらで売れたのか、それがインターネット上で誰にもはっきりわかるのがスウェーデンらしい?)

私たちはこのアパートに20年住んでいて引っ越す気もないのだが、昨日受け取った情報ではお隣さんが売却した価格は私たちが購入した時と比べて4倍以上になっている。非常に美しく内部を改装していたとしても、これはなんだか高すぎるような気がする。さらにはうちの反対側のアパートも今売りに出されていることも知ったが、そちらも同じような驚くほどの高価格になっている。

快適に暮らしているので、こういっちゃアパートには申し訳ないが、うーん、あなたにはどう考えてもそんな高値は似合わない。バブル臭満載。心配だ。

デンマーク首相がヴェートランドの事件について「ひどいニュースだ」と発言

住宅ローン総額が過去最高を記録

「コロナ効果」パンデミックで不動産価格が上昇

© Hiromi Blomberg 2021