swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

ヨハン・ロックストロームと迎える「真実の新年」

https://static-cdn.sr.se/sida/images/2071/bd36a838-e88d-450c-8ab6-ac55107901d1.jpg?preset=1200x675

「Gott Nytt år! (新年おめでとう!)ロックストロームのラジオ番組、もう聴いた? 年始めに必須!」

3時まで起きていた大晦日から一夜明け、年越しを一緒に過ごした友人夫妻とゆっくりお雑煮をいただいた後、のんびり後片付けをしていると夫がラジオ番組を大きな音でスピーカーから流し始めた。

冒頭のメッセージを友人から受け取った夫は、元旦にスウェーデンの公共ラジオ局SRのサイトにアップされた世界的な環境学の権威であるヨハン・ロックストロームの75分に及ぶラジオ番組をダウンロードして聴き始めた。エピソードは「2020年 真実の年(Sannningens år 2020)」というタイトルがついている。

ロックストロームの名前を初めて知った人はまずはこちらの記事をどうぞ。

swelog.miraioffice.com

先の記事では「ロックストロームの悲観」を取り上げたが、とても落ち着いた心地よい声で今日の番組を進めるロックストームの口調は、暗くない。

「科学的なアプローチで、地球の危機を正しく理解し、取るべき行動を取り、大きな方向転換を行う年、それが2020年」というのが彼のメッセージだ。

今、聴き終わったばかりですが、こんなすばらしい番組がスウェーデン語だけなのはもったいない!と思っていたら、なんと英語バージョンもありました。やるなぁ、SR!

スウェーデン語か英語がOKな方はぜひこの番組から新年を!

sverigesradio.se

sverigesradio.se