swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

お金で何ができるのか? グーグルを動かすスウェーデンの年金

f:id:hiromi_blomberg:20201003152131j:plain

以前にもその驚くほどの高利回りや、知らない間に400万人がマリファナに投資していたという話題で取り上げたことのあるスウェーデンの年金庁が提供しているプレミア年金のAP7。

(その仕組についてはこちら。結局、選ばなくてよかったプレミア年金 - swelog 今日のスウェーデンのニュース

今日のニュースはそのAP7が、投資先の一つであるグーグル(正確には親会社のアルファベット)と、かねてより問題があると指摘されていた人材における偏りとセクシャルハラスメントなどの状況改善の約束を取り付けたという話。

2018年秋にグーグルにおけるセクシャルハラスメントのスキャンダルが明るみにでて、48人が解雇された。その後、グーグルに多くの資金を投資しているAP7は、グーグルにその社内環境改善を求めて親会社のアルファベットを提訴。2年に渡る話し合いの末に、昨日合意に達したのが3億1000万ドルを計上して人材の多様性、公平でインクルーシブな人事制度をとるという約束だ。

AP7フォンドはこれまでにもFacebook他、様々な投資先に各種の改善を求める目的で提訴を続けて調停に持ち込んでいる。お金がまとまるとこういう影響力を使うことができるのですね。

APフォンドがグーグルに28億クローナを人材多様性のために使うことを取り付ける

AP7 in settlement with Alphabet regarding alleged mishandling of sexual misconduct | ap7.se