swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

ブルーベリージュースの絞りカスをどう使う?

以前りんごジュースの絞りかすから使った後は食べることもできるマグカップを作る話を書きましたが、今日はブルーベリージュースの絞りカスの話です。

swelog.miraioffice.com

マリー・アルミンガーさん始めとするヨーテボリのチャルマース工科大学の研究者たちが検討しているのは、現在捨てられているブルーベリーなどのジュースの絞りカスを乾燥させた後パウダー状にして、その後押し出し(Extrudering)と呼ばれている方法で食品として使用すること。

ここでは具体的には、できたパウダーをオート麦粉などの他の食べ物に強い圧力で吹き付けることをさしています。研究チームは2年後くらいには、健康的なスナックとして市場にだす計画です。

絞りカスにはまたまだ栄養素もそしてなにより植物繊維が豊富に含まれているので、再利用するのは理にかなっていますが、これまではカスは水分を多く含みすぐに腐るなど取扱いが難しく廃棄されていました。検討中の乾燥させる方法は電力を使うものなのでしょうか?天日干しのすばらしく効率のよいやり方とかでできたら夢がありそう!

ベリーのジュースの絞りカスが健康的なスナックに変身