swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのルンドという街からブログを書いています。スウェーデンのニュースから生活のヒントになりそうなものを、毎日一つ選んで紹介しています

外見で差別される医者

救急医療の場でも人種差別で診察を拒否

少し前に、客から人種差別を受ける薬剤師などの薬局スタッフの話を書いたが、今回、全国医師会が行った大規模なアンケート調査でも、医者も患者から差別を受けているという証言が大量にあちらこちらからでてきた。

スウェーデンで生まれ、スウェーデン語を話し、スウェーデンの医師免許を取り活躍している医者でも、外見が”スウェーデン人”ではないというだけで、診察を拒否する患者に出会う。一刻をあらそう救急の場合でもそのような診察拒否は起こり、差別された医者は傷つき、また途方に暮れる。

待たれるガイドライン

スウェーデンの職場では同僚などから差別やいじめを受けた場合、どう対処するというガイドラインがある。差別される医者のケースがこれほど多く集められたのは始めてだと思うが、今は個々人の医者がそれぞれの現場で自分の判断でその場を乗り切っているだけだ。

ガイドラインができただけでは、差別は減らないだろうが、医者は自分が正しい判断をしているという自信をもって診察にあたることだけはできる。はやくこのあたりの整備が進むことを祈る。

自分の偏見に気づく

この間から見てもらっている私の歯医者さんはシリア人で、多分大人になってからスウェーデンに来た人らしく、スウェーデン語も私と同程度でネイティブな感じでない。それだけに語学でも苦労して歯科医になったんだろうな、と思うと、私なんかは逆に信頼のレベルが”普通のスウェーデン人”の医者よりは上がる。

でも、これも一種の外見による偏見でよくないですね。。。

 

数百人レベルの医者が患者からの差別を証言 (SVT Nyheter)

swelog 差別される医者 – PitPa(ピトパ)