swelog

今日のスウェーデンのニュース

中国風刺番組問題のその後

 

国営放送SVTの風刺コメディ番組「スウェーデンのニュース(Svenska Nyheter)」の中で、少し度を超えた中国人観光客を風刺したクリップが流された件のその後。

 

SVT側は絶対に謝らないだろうなー、という私の予測に反して、問題の放送から1週間後のこの金曜日の放送で司会者コメディアンのイェスパー・ロンダルが謝罪した。

 

しかし、謝罪は中国という国に向けられたのではなく、彼の皮肉で傷ついたすべての人に向けられたもので、ご丁寧に「言論の自由を認めない中国という国に向けられたものではない」というこれもかなり皮肉ったコメント付き。

 

週末、この「謝罪」」に対して、ストックホルムの中国大使館が「謝罪になっとらん」とまた怒りのプレスリリースを発表、というのが現時点。

 

おそらくこれで収束するんだろうけど、面子って言葉が日本語になっているくらい中国では大切なものだろうから、どこで手をうつのか?

(私の予想は前回も外れたので、大・外交問題に発展する可能性もありまますが、やっぱりそれはないな。。)

 

 

スウェーデンの中国人はOKでも大使館は許さない (Dagens Nyheter)