swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

やっぱりややこしすぎるでしょ、その夏時間廃止案

f:id:hiromi_blomberg:20201025151625j:plain

今年も冬時間がやってきたので、やはり書こうか、この話題。

swelogではこれまでに冬時間・夏時間の基礎知識のまとめと、その後EUで決定したややこしい夏時間の廃止案について書いてきた。

冬時間・夏時間 - swelog 今日のスウェーデンのニュース

もっとややこしい夏時間 - swelog 今日のスウェーデンのニュース

そして昨日、SVTがまとめた新しい記事には「もっとややこしい夏時間」の中で書いた、各国に自由に標準時間の選択をさせようとしたEUの方針が混乱を招き、この件に関する決定は座礁に乗り上げている、と書かれている。

やはりそうだったのか!「EUの中でみんな自分の好きなように選べば、ややこしすぎませんか?」という私の単純な問いは、現実に起こり得るシナリオだったとは!

昨日の記事の中では丁寧に、この案に従って各国が各国自由に選択を進めると、EUの中でも西に位置するスペインと東に位置するポーランドが、地理的な位置とは逆の標準時を選択する可能性があると書かれている。

北欧事情に詳しい私たち(?)にわかりやすい例では、今のフィンランドとスウェーデンの間の時差がなくなるような選択となったり、また逆に今の1時間の時差が2時間になってしまうような選択が可能だということになる。

この件をスウェーデンで管轄しているインフラ担当大臣のトーマス・エネロスによると、幸いなことに(?)コロナ禍でこの案件の優先順位はEU内でも低くなっており、スウェーデン国会でも当面扱われる予定はないそうだ。ただエネロスは、最終的にはうまく落ち着くのでないかと楽観的だ。

しかし、私は「自国ファースト」の国が多すぎて、てんでバラバラになったらどうなるのだろうと心配だ。今の状況が落ち着いついて、再びこの夏・冬時間問題を真剣に議論する時がやってきたら、お願いだからもう一度考え直してほしい😰

未だに決まらない夏・冬時間変更の廃止