swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

ジーンズの未来・オーガニックデニム Nudie

http://mondial.se/wp-content/uploads/2019/10/169_bok-1000x563.png

今日は自分の好きなブランドについての話題なので、ちょっと嬉しい。

スウェーデンのヨーテボリでオーガニックデニムを使ったジーンズメーカーNudie Jeans (ヌーディー・ジーンズ)が創業したのは今から18年前の2001年。

(この記事でもヌーディーに触れています)

swelog.miraioffice.com

いまや世界中に熱狂的なファンを持つブランドに育ったヌーディーだが、競争やビジネス環境の厳しい衣料業界で成功した秘訣を創業者にきいたインタビューがスウェーデンの新聞ダーゲンズ・ニュヘテルに掲載されていたので紹介したい。

創業者のひとりでブランドのチーフ・デザイナーをこの10月まで担当していたマリア・エリクソンは、歴史あるスウェーデンのカジュアル衣料ブランドでこの春倒産した(!)JCや、国際的なジーンズブランドのLeeで13年働いたあと、自分が信じる価値や倫理観を反映させたブランドを立ち上げるためにヨーテボリに戻った。

彼女は、のちにヌーディーとなり成功するブランドの立ち上げに際し、ビジネスプランではなくどういった価値を具現化して消費者に提供したいかに関するかなり哲学的な内容の企画をまとめることから始めた。

www.instagram.com

そして成功した秘訣は、タイミングなど様々な要因が複雑に絡んでおり、「これだ!」と単純にまとめることは難しいとしながらも、製品を通じてどういった価値や考え方や倫理を提供したいのかを中心に添えて物事を進めていくことをあげている要はビジネス規模や数字ありきの考え方ではないということだ。

その他にも彼女は

  • 大企業で積んだ経験で破壊するべき型を理解することで新しいものを創造できる
  • 大都会でなく地方都市で、周囲の動きを気にせずのびのびと焦らず仕事する利点

などを上げているのが、興味深い。

彼女の経験はこのたび出版された「Start your own f*cking brand」に詳しくまとめられているとのことなので、なぜ「長く履き続けることできるオーガニックデニムジーンズ」がこの世の中に必要であるかもよくわかるであろうこの本、これから読みます!

www.bokus.com

マリア・エリクソンはこうして成功したブランドをつくりあげた