swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

暮らしの輪郭

教会とスポティファイが引き起こすCD争奪戦

スウェーデン国教会が契約していたSpotify Businessが今年の3月いっぱいでサービス提供終了となり、各地の教会では儀式での音楽の提供方法に苦慮しているそうです。 教会で執り行われる結婚式やお葬式といった儀式では、各自の思い入れのある音楽を流すこと…

スウェーデンの安楽死について知っていますか?

昨日食事をご一緒いただいた尊敬する先輩から、つい先日、NHKで放送された安楽死のドキュメンタリー番組のことを聞きました。ドキュメンタリーの内容に考えさせられること多く、安楽死に関する本も購入して番組を見た後ずっと考え続けているということでした…

やはり高嶺の花のゴットランド

スウェーデン南東に位置し、同国最大の島、ゴットランド島。 スタジオ・ジブリの映画『魔女の宅急便』の舞台設定ににインスピレーションを与え、独特の中世の雰囲気を残すこの街は、スウェーデン人にも外国人にも人気の観光地です。 ゴットランドの難点は「…

ノーベル賞で投資するスウェーデン人?

2013年のノーベル経済賞の受賞者、ユージン・ファーマの理論を勉強して投資スタイルを決めたわけではないのでしょうが、最近のスウェーデン人の投資はファーマ教授の効率的市場仮説と同様のパッシブ運用へと大きく流れているようです。 これまで、投資市場は…

子供ターゲットの寄付という名のボッタクリ

世界中で人気のオンラインバトルロイヤルゲーム、フォートナイト。 スウェーデンで(おそらく世界中でも?)問題になっているのは、子供が多額の「寄付・投げ銭」をアイドルプレイヤーにできてしまうその仕組み。 11歳のヴィッレ君は親のクレジットカード番…

スマホ時代の「不幸の手紙」

ブログを読んでくださっている昭和なみなさん、「不幸の手紙」を覚えてますよね? 今、スウェーデンの小学校高学年の女の子たちにまわってくるチェーンメールには、時代を反映した悪意を感じる内容のものもあるそうです。 スマホのSNS経由で送られてくるのは…

アシックス★ストックホルムマラソン

今日は第41回ストックホルムマラソンの日。スポンサーがアシックスだとは知らなかった!2週間前にはコペンハーゲンマラソンがあったし、北欧のマラソンの時期は今なのでしょうか? 私はその今年のコペンハーゲンマラソンと同じ頃、生まれて初めて走るための…

禁煙法で増えるタバコのポイ捨て?

去年の12月の国会での議論をとりあげた、レストランやカフェのテラス席での喫煙禁止の法律は可決されており、この7月から施行される。 swelog.miraioffice.com 成立した新法はテラス席だけでなく、同時にブティックや映画館、美容室の入り口などでの喫煙も禁…

スウェーデンのお葬式事情

2018年10月〜11月、スウェーデンで人が亡くなってからお葬式・埋葬までの平均的な日数は22.3日だった。ストックホルムでは、26.7日と大きな都市周辺ではこの期間が長めになる傾向があるようだ。 スウェーデンには埋葬は30日以内にすることを決めた法律がある…

家ごと動かす街の引っ越し

スウェーデン最北地方の中心都市であるキルナが、街ごと移動する引っ越しを続けている。 北極圏にあるキルナは良質の鉄鉱石がとれる鉄の街。 鉄鉱石は1000メートル以上深い地下鉱山から掘り出されており、この先ももっと深く掘る予定。現在の街はこの鉱山の…

スウェーデンに来るなら今年の夏!

来週から、あちこち海外に行くので困っている。スウェーデン・クローナが弱すぎる。 長期的な視点でインフラを誘発しようと、スウェーデン中央銀行が実施しているマイナス金利が要因となりスウェーデン・クローナが世界各国のほとんどの通貨に対して、価値を…

700万人ユーザーの送金システムが止まる時

人口が1000万人のスウェーデンで、700万人近い個人ユーザーをもつ送金アプリSwish。 スマホをもっているほぼすべてのスウェーデン人が使っているレベルで使われているSwishが、昨日の19時26分から21時30分頃までの2時間くらい、使用できなくなっていたそうで…

若者が始める年金貯金

「年金のために貯蓄を始める若者が増えている」、って読み間違えた?どこの国の話?そう、スウェーデン。 ニュースの内容は年金貯蓄を始める若者は増えているが、その方法が間違っているので注意しようというもの。 年金庁の調査によると、過去2年間でプラ…

しつこく嘘つきな訪問販売が増える理由

さっき聞いたニュースでは、最近、強引な電力販売の訪問販売への苦情が増えているらしい。お年寄りなどがよくわからないうちに、電話で電力や他のサービスの契約をさせられたという苦情が増え、しばらく前に電話での合意だけでは売買が完了しないように法律…

かがり火のないワルプルギス

今日は日本では平成最後の日。スウェーデンでは「ワルプギスの夜」。 夜に、メーデーを迎えるための大きなかがり火をたくとても美しい行事の日だが、今年は雨不足で火事に結びつく危険が高いため、スウェーデン中部の多くの自治体でかがり火の中止が決定され…

北欧高級家具フェイクサイト

デンマークの熟練の職人がつくる高級家具がお手頃な価格で手に入ることをうたうニールセン・ファニチャー(Nielsen Furniture)のウェブサイト。 たまたまプロの詐欺捜査官が目にし、気になって調査したところ、使われている画像も動画もYoutureやピンタレス…

セレブがすすめるカジノと女性中毒者

スウェーデンではネットカジノがすごい勢いでのびており、ギャンブル中毒になる人も爆発的に増えている。そのトリガーになっているのはあらゆるところで大量に投入されている広告その広告に、これまでにあまりなかった有名人を起用するタイプのものが増えて…

便利が消えていく時

大手スーパーチェーンの一つ、Coopがこの夏から「使い捨てバーベキューグリル、インスタントコンロ」の販売中止を決定した。スーパー最大手のICAでは既に去年の10月に夏には販売の中止となることを発表している。 雨が少なく乾燥した状態が長く続き、山火事…

Eコマースと化学薬品危険税

スウェーデン政府は、危険な化学薬品が使われている洋服や靴の輸入を化学薬品危険税をかけることで防ごうとしている。 危険な化学薬品とはガンやアレルギーを引き起こしたり、再利用を困難にしたり、水質に影響を与えるとされているものだ。2016年の化学薬品…

2500人のシェルター

スウェーデンにはいたるところに、戦争や災害時に逃げ込むことのできるシェルターがあり、その数は、全国あわせて65,000超。 このニュースクリップで紹介されているのはヨーテボリの街の真ん中にある2500人が一度に入ることができる大きなシェルター。1950年…

これからは地下室で家庭養魚を

ストックホルムのソールベルガボーで、住宅の地下室で野菜を育てたり、食べるための養魚を行うプロジェクトが始まっている。 漁業地からスーパーへ、そしてそれから消費者へと、魚の長距離輸送を行うことなく、階段を降りていくだけで、今日の夕食の魚が手に…

77万円のムーミンマグ

今日はスウェーデンの話ではなくて、フィンランドからの話題です。 フィンランド語はさっぱりわからないけど、きくのは好きな私。フィンランド語でのオークションの様子(!すごい!)がビデオであがっていたので、紹介させてください。 www.svt.se 約77万円…

スウェーデン400万人のカンナビス投資

スウェーデンの年金制度では、積立ての2.5%はプレミア年金といって自分でどのフォンドに積み立てるかを選んで運用することができる。 だが、多くの人は積極的にフォンドを選んだりせず、選択は放ったらかしで政府がデフォルトで決めたフォンドのことが多い…

猫の格上げ

昨日から新しい法律が施行され、ペットを捨てることは罪になった。 またペットの飼い主には、きちんと世話のできる知識が必要とされるようになった。 今後は市の担当職員などが、ペットの適切な飼い方が守られていないと認識した場合は通報できるようにもな…

よみがえる夜行列車となくなる窓口

スウェーデン政府は、この春の予算で5000万クローナ(約6億円)をヨーロッパ各国との夜行列車の運行のために使うことを決定した。費用は、各国との交渉や調整、また新たにこの分野の専門家の雇用などに使われる。 私の夫はヨーロッパ内は基本的に飛行機に乗…

もっとややこしい夏時間

今日から夏時間。この記事を書いてからもう半年経ったとは驚きます。 swelog.miraioffice.com そして半年前に参照したダーゲンス・ニュヘテルの記事では「夏時間への変更は2019年が最後の年かも」となっていたが、先週の欧州議会で話あわれたところによると…

スウェーデンの完全無欠弁当

スウェーデンに引っ越してきてよかったと思うことはいくつかあるが(私は背が高いので服や靴のサイズが合うという点以外で)一番気に入っているのはおおらかさというか、その大雑把さだ。 これはもちろん私自身が大雑把だからだが(だから細かいところが気に…

極・冷水浴でパニック障害を克服

長年パニック障害に悩んでいたスコットランド人のデイビスさん。 スウェーデン最北のアビスコで働き始め、氷と雪の中の冷水にゆったりとつかるという習慣を始めたところパニックに襲われることがなくったそうだ。彼女が心静かに体を鎮めるのは0.2度のの冷水…

スウェーデンで増える「窮屈な家」

スウェーデンの、特にストックホルムなどの都会では4世帯に1つは「窮屈な家」に住んでいる。 寝室を共にするカップルを除けば、家族のひとりひとりに自室があり、それに加えてみんなで使うリビングルームとキッチン。この基準を満たさない住居はスウェーデ…

いじめに使われる匿名SNSアプリ

Ask.fm、Kik、Sarashah、そして最近はTellonym。匿名で使えることでいじめの温床となるSNSアプリが流行っては、次へ移っていく。 SNS上では面と向かってよりも簡単にきつい言葉のつぶてを投げることができるが、受けた方は対面以上に傷つくこともあるSNSの世…